2月11日中城村にある成田山福泉寺で節分祭り福豆まつりに参加してみたら、澄んだ空気に癒された。

豆まき・福豆まつりでおもちゃや景品が当たる可能性がある!

景品が当たる可能性がある!と聞いて、何としてでも行かなければと思いお子様を連れて行ってきました。

14時から開始予定でしたが、何と11時には到着。

あまりに早く到着しすぎて、澄んだ空気を堪能しておりました。

というか成田山福泉寺初めて来ましたが、

空気がおいしすぎる!インスタ映えまちがえなしの場所でした。

坂を下ったり登ったりして、こんな道通るの?っとヒヤヒヤしながら車でやってきましたが

本当にきてよかった。

高台にあるため、本当に景色がきれいで空気がおいしかったです。

癒されました。

駐車場も第4駐車場まであり、たくさんあります。

早く到着しすぎたため、駐車場でお子様と遊びながらおにぎりをたべて待ちました。

桜の花も咲いてました。

 

近くにある目がよくなる神様、生目八幡大明神様の目に水をかけて、目がよくなるようにお祈りしたりして時間をつぶしました。

お寺の方に話しかけてみると、なんとも親切。

お子様にも親切、丁寧に話しかけてくれました。

なんでも

お願い事を書いた木を燃やして、願いこと・福豆まつりでおもちゃや景品が当たる可能性がある!

景品が当たる可能性がある!と聞いて、何としてでも行かなければと思いお子様を連れて行ってきました。

 

14時から開始予定でしたが、何と11時には到着。

 

あまりに早く到着しすぎて、澄んだ空気を堪能しておりました。

 

というか成田山福泉寺初めて来ましたが、

 

空気がおいしすぎる!インスタ映えまちがえなし。

坂を下ったり登ったりして、こんな道通るの?っとヒヤヒヤしながら車でやってきましたが

 

本当にきてよかった。

 

高台にあるため、本当に景色がきれいで空気がおいしかったです。

 

癒されました。

 

駐車場も第4駐車場まであり、たくさんあります。

 

早く到着しすぎたため、駐車場でお子様と遊びながらおにぎりをたべて待ちました。

 

近くにある目がよくなる神様、生目八幡大明神様の目に水をかけて、目がよくなるようにお祈りしたりして時間をつぶしました。

 

お寺の方に話しかけてみると、なんとも親切。

 

お子様にも親切、丁寧に話しかけてくれました。

 

なんでも

 

お願い事を書いた木を燃やして、願いことを祈祷してくれる

というのです。

さっそく、この木を購入して願いを書きました。

お願い事は秘密です。

そうしているうちに、

豆まきのために人が多くなってきたため、いい位置で豆をとるために場所を確保しました。

ですが、30分くらい待ったところであまりの暑さに立ち眩みしてきました。

小さなお子様たちは籠や袋を持って待機しています。

この籠や袋に自然に豆が入ることを狙っているのですね!

お子様賢い!

待っているうちに

お寺の方から

「お願い事を燃やす儀式に参加することができる」と話しがあったため参加することにしました。

本堂では不動明王様が輝いています。

本堂の中は涼しくて気持ちよかったです。

立ち眩みしていたので、ありがたい。

そして、お子様と一緒に靴を脱いで座って、祈祷を聞いていました。

火で木を燃やしているのが、滅多に見れない光景でとても神秘的でした。

また、持っていたバックのお祓いなどもしてくれました。

ですが、やはり2才児一緒だと暴れだしました。

一番前の席で聞いていたのですが、結局隅でそっと見ることになりました。

願い事を燃やすのが終わり、豆まきです。

本堂の下の階段でこれから豆をまく方たちが並びます。

皆豆を取ろうと押し合いです。

いちおう、お寺の方たちが押さないでという配慮をしてくれました。

そして豆まきがはじまりました。

皆、豆を取ろうと取った豆にまで飛びつきます。

私も勢いよく豆を取ろうと奮闘しました。

ですが、2才児一緒だとなかなか多くは取れなかったです。

豆まきが終わりみると爪が割れていました。

名誉の勲章です。

そして、豆の袋を開けてみると

小さな紙が入っていました。

やった!当たった!

200番!いいのが当たりそう!

さっそく引き換えにいきました。

一人で2つか3つ当たっている人もいました。

で、私が当たったのは

ペコちゃんのキャンディーでした。

優しいお寺の方がお子様の分もくれました。

来年も絶対行こうっと!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックしていただくと励みになります。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村
沖縄ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

//フッター部分に解析タグを挿入したいときは、このテンプレートに挿入 //子テーマのカスタマイズ部分を最小限に抑えたい場合に有効なテンプレートとなります。 ?>