子連れで沖縄旅行に行く時に持っていきたい荷物リスト

沖縄にきてまで荷物で失敗したくない。

忘れ物せずに、楽しみたい旅行。

子連れだと何かと慌ただしいもので、

何持っていけばいいのか?わからないってなりませんか?

何持っていけばいいのか?1週間くらい悩んだり、お店をまわってみたり・・

そんな旅行に必要になる荷物の必需品をまとめてみました。

沖縄旅行に必要なもの、沖縄旅行にあるといいものを紹介させていただきます。

参考にしていただければ嬉しいです。

子連れ旅行に持っていくと便利なもの

 

大き目のスーツケース

大き目のスーツケースを持っていきましょう。

ローラー付きができればいいです。

できれば帰りのお土産のためにスペースが空くくらいのスーツケースが良いです。

 

リュック

 

リュックは両手が空くので、便利です。

観光に行くときはスーツケースはホテルに預けて、リュックで出かけたほうがいいと思います。

また子供は、親に荷物を持たせようとしますが、自分の荷物はできれば自分でもってもらいましょう。

そのため、子供の分のリュックもできれば持っていくほうが良いでしょう。

現金

すぐに出せる場所に小銭をしのばせておきましょう。

子どもは目を離したすきに走り出してしまうかもしれません。

 

クレジットカード、Edyカード

1枚はクレジットカードを持って行ったほうがいいでしょう。

沖縄は楽天Edyカードが使える場所が多いです。

 

Tシャツ

Tシャツはかさばらないので、多めに持って行っても問題なしです。

特に子供はすぐに汚すので、多めに持って行くのをお勧めします。

洋服を多めに持っていけない場合、レンタカーを借りて、コインランドリーで洗濯するのもおすすめです。

 

ビニール袋

汚れものをいれるための必須アイテムです。

薄手の上着

外は暑くても、室内はクーラーガンガンなんてこともよくあります。

そんな時のために薄手の上着を持っていくことをお勧めします。

 

下着

旅行は動き回ると思うため、着心地がいい下着で着慣れたものを持っていきましょう。

2泊3日で2セットくらいがおすすめです。

古い下着を持っていき、そのまま捨てて帰り、帰りの荷物を少なくするという方も多いです。

 

運転免許証

レンタカーを運転する場合など必ず必要です。

レンタカーを借りる予定がなくても、持って行ったほうが良いでしょう。

 

シガーソケットの充電器

レンタカーなどを借りる場合、車の中で携帯などを充電できるシガーソケットの充電器があれば、移動中も携帯の充電ができます。

 

 

ズボン

こちらも着心地がいいズボンを持っていきましょう。

お子様は、おもらしや汚す場合の対策のため多めに持って行ったほうがいいです。

お子様は少し小さいサイズを持っていき、そのまま捨てて帰るというのも手です。

 

カメラ

思い出を残しておきましょう。

海に入る場合は水中カメラなどもあれば、海の綺麗な写真が撮れます。

 

ビーチサンダル

海に入る方は、歩きやすい脱げないサンダルをお勧めします。

また沖縄はスコールが多いです。急に雨になった時などのためにビーチサンダルは必需品です。

水着

海に入る方は水着は必要ですが、海クラゲなども多いためできれば肌の露出が少ない水着がおすすめです。

 

タオル

ホテルなどにも用意されていますが、ある程度は必要です。

 

日焼け止め

沖縄の紫外線は強敵です。

日焼け対策に日焼け止めは欠かせません。

 

 

ウエットティッシュ

お子様がいると必ずどこかで絶対手を汚します。絶対必需品です。

 

荷物にならない小さなおもちゃ

飛行機などで子供が暴れた時に使います。

タブレット

子どもの気をそらすのに、必要です。

子連れ旅行の強い味方です。

 

延長コード

ホテルのコンセントは以外と少ないかもしれません。

旅行中、携帯は以外と使うため、コンセントが足りなくなる可能性もあります。

そのため、延長コードも必要です。

健康保険証

気候や湿度の違いで体調を崩してしまう可能性も考えて、必要です。

 

いつも飲んでいる薬など、持っているだけで安心するものです。

 

紙オムツ、生理用品

旅行中は買いに行く時間ももったいないものです。

 

洗濯ネット

下着などを入れたまま帰宅すれば、帰ったらそのまま洗濯機に入れてラクチンです。

 

 

できれば、大きな荷物は先にホテルなどに郵送したほうがラク。

子連れ旅行は荷物が多くなりがちです。

できれば先にホテルなどに大きな荷物を郵送できれば、郵送したほうが良いでしょう。

帰りも大きな荷物はできれば郵送したほうがラクチンです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

//フッター部分に解析タグを挿入したいときは、このテンプレートに挿入 //子テーマのカスタマイズ部分を最小限に抑えたい場合に有効なテンプレートとなります。 ?>